マッサージと鍼灸を受けた翌日に…

初の針治療で

いつも通院している鍼灸マッサージ院で、私はマッサージだけを受けていました。

先日、先生にこう言われました。

「マッサージをした後、ツボに鍼をすればもっと楽になりますよ。」

実は以前にも勧められているのですが、どうも怖い・痛いんじゃないかという先入観があり断っていました。

だけど何度も勧められるので、「じゃぁ、どんな感じなのかやってみます。」と。

「痛くない鍼を使用しているし、大丈夫ですよ。」

初めての鍼…確かに痛みを感じるようなことはありませんでした。

ただ怖い・痛いという先入観から、筋肉がこわばっていたと思います。

先生は、「鍼の場合、すぐに効果が出るわけではありませんが、続ければ必ず楽になりますから。」

合う合わないがあるんだなぁ

そして翌日、なんか身体がだるいんです。

今までマッサージだけだったんですが、翌日に身体がだるく感じることはまったくありませんでした。

昼になっても~夕方になっても…ずっと身体がだるい。

だから夕方、先生に電話を入れました。

「鍼をしてから24時間、身体にだるさが残ることがあるんですよ。」

「それは悪い部分を外部に出している最中なんです。

そのあと、免疫力が高まるから身体は楽になりますから。」

一応、先生の言うことに納得しましたが、「したくない鍼治療を無理してやってもよくない。」と思い、それ以降、鍼をやめて、以前のようにマッサージだけをお願いするようになりました。

先生も良かれと思って提案してくれていると思いますが、やっぱり嫌なもんは嫌ということを痛切に感じました。 

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP